• ご予約・お問合せ
  • tel:0120-80-4718
  • メール相談
  • [平日] 午前10:00~13:00 / 14:15~18:30
    [土曜] 9:00~16:00 [休診] 日曜、祝日

What's New

診療のご案内

  • 矯正治療について
  • 診療内容
  • 矯正治療の流れ・料金
  • 矯正治療Q&A
  • What's new
  • リンク
  • 矯正歯科に関する無料メール相談
  • スタッフ募集
  • カードによるお支払い
    各種カードがご利用いただけます。
  • JIMA
トップページ»  What's new»  2015年»  2015年6月7日『近畿東海矯正歯科学会学術大会』

2015年6月7日『近畿東海矯正歯科学会学術大会』

2015年6月7日『近畿東海矯正歯科学会学術大会』

2015年6月7日(日)大阪国際会議場で近畿東海矯正歯科学会が開催されました。 当院からは『リンガルブラケット矯正におけるループメカニクスとスライディングメカニクスの違いについて-有限要素法を用いて-』という題名の発表をさせていただきました。
リンガル矯正治療(裏側に装置をつける方法)は、表側に装置をつける方法と歯の動き方が異なるため様々な工夫が必要となります。歯を抜いた隙間を閉じる時にも主に2通りの方法があり、患者様の状態に応じて使い分けます。
今回はその2通りの方法を力学的に詳しく分析し、比較検討した結果を発表しました。
この発表を通じ、多くの先生方から質問やご意見を頂戴する事ができ、大変良い機会になったと感じております。そして、この研究結果を患者様の治療に活かしていきたいと思っています。

2015年6月7日『近畿東海矯正歯科学会学術大会』

2015年6月7日『近畿東海矯正歯科学会学術大会』

2015-06-07 19:42:00

2015年

 
ページトップ