• ご予約・お問合せ
  • tel:0120-80-4718
  • メール相談
  • [平日] 午前10:00~13:00 / 14:15~18:30
    [土曜] 9:00~16:00 [休診] 日曜、祝日

What's New

診療のご案内

  • 矯正治療について
  • 診療内容
  • 矯正治療の流れ・料金
  • 矯正治療Q&A
  • What's new
  • リンク
  • 矯正歯科に関する無料メール相談
  • スタッフ募集
  • カードによるお支払い
    各種カードがご利用いただけます。
  • JIMA
トップページ»  What's new»  2016年»  2016年10月19・20日『第4回日本口腔筋機能療法学会』

2016年10月19・20日『第4回日本口腔筋機能療法学会』

2016年10月19・20日『第4回日本口腔筋機能療法学会』

2016年10月19(水)・20日(木)に東京で開催された日本口腔筋機能療法学会に参加しました。今回の大会では『口腔機能をどのように向上させるか』をメインテーマに、口腔機能のメカニズムや生理学的な見解を勉強することができました。

ポスター発表では歯科衛生士の吉野優香、松下千晃、佐奈院長が『顎変形症患者に対するMFTプログラム~ラビアル矯正とリンガル矯正の比較~』と題して報告しました。受け口・出っ歯・あごのズレなどであごの大きさや位置を改善した方が良好なかみ合わせを得られる場合、大人の治療では手術を併用した矯正治療を行うことがあります。手術であごの位置を変えると、お口の中の容積が大きく変化するため、舌がそれに適応できるよう手術前からトレーニングをする必要があります。このトレーニングにより手術後の不快症状を軽減したり、矯正治療後の良好なかみ合わせを維持させることができます。

今回はこのトレーニングの内容や工夫について発表させていただきました。  
 前日には研修会とラウンドテーブルディスカッションが行われ、MFTについて他の医院の方々と意見交換することができました。

2016年10月19・20日『第4回日本口腔筋機能療法学会』
↑ポスター発表の質疑応答

2016年10月19・20日『第4回日本口腔筋機能療法学会』

2016-11-09 13:44:00

2016年

 
ページトップ