• ご予約・お問合せ
  • tel:0120-80-4718
  • メール相談
  • [平日] 午前10:00~13:00 / 14:15~18:30
    [土曜] 9:00~16:00 [休診] 日曜、祝日

What's New

診療のご案内

  • 矯正治療について
  • 診療内容
  • 矯正治療の流れ・料金
  • 患者さんの矯正体験談
  • 矯正治療Q&A
  • What's new
  • リンク
  • Doctors File
  • 矯正歯科に関する無料メール相談
  • スタッフ募集
  • カードによるお支払い
    各種カードがご利用いただけます。
  • 目立たない歯列矯正応援サイトキレイな歯.net
  • JIMA
トップページ»  What's new»  2015年

2015年

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2

2015年11月22日〜23日『第14回日本睡眠歯科学会総会・学術集会』

2015年11月22日〜23日藤田保健衛生大学にて第14回日本睡眠歯科学会総会・学術集会が開催されました。「睡眠時無呼吸」とは無呼吸(10秒以上呼吸が止まってしまうこと)が睡眠中1時間に5回以上または7時間に30回以上おこる状態のことです。これにより、昼間異常な強い眠気におそわれたり、集中力や学習能力が低下したりします。新幹線やトラックの運転手などの事故により社会問題になったこともある深刻な病気です。この病気は原因や症状によっては顎の手術を併用した矯正治療にて治療をすることがあります。
そこで、今回『外科的矯正治療を行った睡眠時無呼吸症候群の治験例』と題して当院で行ったこのような治療のポスター展示を行いました。また、このような患者様が就寝時に使う装置を作っている提携技工所のオーソプラネッツも今回ブースを出店しました。
大会では治療のための口腔内装置をはじめとした、歯科と関連する睡眠障害の研究や臨床についての講演が行われ、私たちも知識を深める事ができました。


↑ポスター展示の質疑応答の様子

2015-11-23 17:15:00

2015年11月18日〜20日『第74回日本矯正歯科学会大会in福岡』

2015年11月18日〜20日第74回日本矯正歯科学会大会が福岡で開催され参加しました。
今回の学会で阿蘇先生、浅井先生、佐奈院長が『上顎前方牽引装置に用いる顎内装置B.T.Pの治療効果の検討』と題して学術展示を行いました。
また、日本矯正歯科学会には認定医・専門医制度があります。これは矯正歯科医療の水準を維持し向上を図ることによって患者さんに適切な医療を提供するために行われているもので、審査に合格すると認められます。5年に1度更新のため審査があり、今回の大会で佐奈院長が専門医更新のため症例報告を行い、無事に合格することができました。


↑学会会場にて


↑学術展示の様子

2015-11-20 17:26:00

2015年11月『MFT講習会開催』

先日歯科衛生士の松下が他医院のスタッフ向けに口腔筋機能療法(MFT)講習会を開催しました。
歯の位置は歯列を取り囲む舌やくちびるなどの口腔周囲筋のバランスにより影響を受けています。矯正装置で歯並びを治しても舌やくちびるの癖が残っていると後戻りをしてしまうこともあります。そうならないためにも、必要に応じて矯正治療と平行して口腔周囲筋のトレーニングを行い、正しい舌の位置やくちびるの状態、唾液や飲食物の飲み込み方を習得していきます。
今後も積極的に勉強会に参加し、さらに知識を高めて微力ながらサポートさせていただけたらと思っております。

MFT講習会開催

2015-11-04 16:57:00

2015年11月3日『第27回日本舌側矯正歯科学会』

2015年11月3日大阪駅近くのグランフロント大阪にて『第27回日本舌側矯正歯科学会』が開催されました。今回の学会で副院長の奥村先生が症例発表を行いました。また、当院の提携技工所のオーソプラネッツの稲垣所長は座長を努めさせていただきました。今後も勉強会に参加し、患者様により良い医療を提供できるよう努力していきたいと思います。


奥村先生(症例展示会場にて)


座長を務める稲垣所長

2015-11-03 19:42:00

2015年10月29日『第3回日本口腔機能療法学会学術大会』

2015年10月29日東京にて『第3回日本口腔機能療法学会学術大会』が開催されました。
みなさん〝口腔筋機能療法(MFT)〟という言葉を聞いた事はありますか?
歯の位置や歯列は舌や口腔周囲筋のバランスにより保たれています。この口腔周囲筋のバランスが崩れる状態が続くと歯並びが悪くなることもあります。
例えば、口のまわりの筋肉が弱くバランスが悪いと、舌で前歯が押され、開咬(前歯が開いている)や上顎前突(いわゆる出っ歯)といった不正咬合を引き起こすことがあります。また、このような舌の癖があると、矯正治療が順調に進まなかったり、矯正治療後に後戻りすることもあります。
口腔筋機能療法とは、この筋肉の不調和を舌や口唇、頬などの口腔顔面筋のトレーニングをとおして整えていく療法のことです。
今回の学会で当院の歯科衛生士の松下が「オーダーメイドのMFTプログラムを考える」と題して講演させていただきました。それぞれの患者さんによって口腔内の状況や矯正治療の方法が異なりますので、それに合わせたプログラムを立案する事で,より適切なMFTを指導する事ができると考えています。


講演中の歯科衛生士松下


質疑応答

2015-10-29 19:42:00

ハロウィン♪

朝夕は次第に肌寒く感じるようになってまいりましたが、みなさまいかがお過ごしですか。10月といえばハロウィンですが、今年もハロウィンのイベントを行います。10月30・31日ご来院の方にはプレゼントがありますのでお楽しみに♪

2015-10-20 19:42:00

待ち合い室の絵画

みなさんお気づきでしょうか?
「これ誰の絵?」「面白い絵だね!」と患者さんからお声いただくこともありますが、当院の待合室には2点の絵画が飾ってあります。実は絵画をレンタルしていて、3ヶ月に一度変わっています!
おすすめの絵画を飾ったり、季節に合わせて選んだりしています。
これからも少しでも患者さんにくつろいでいただけるような空間づくりができたらと思っておりますので、何かございましたらお気軽にお声かけ下さい。

2015-10-18 19:42:00

矯正装置のいろいろ

患者さまの装置を作っているオーソプラネッツ(技工所)より矯正装置について紹介しようと思います。
矯正装置はさまざまな種類がありますが、今回はその中で〝レジン(装置のプラスチックの部分)〟についてのお話です。
レジンは粉と液を合わせることによって固まって、みなさんのお口の中に合う形をつくることが出来ます。選べる色は8種類(クリア・ピンク・イエロー・オレンジ・グリーン・ブルー・スカイブルー・バイオレット)です。
粉の色は5種類と液の色は2種類あり、これを使い分けて全部で8種類の色を作っています。さらに、この中にキラキラのラメやシールを入れて自分だけのお気に入りの装置を作ることも出来ます♪ 診療所に実際のカラーサンプルもありますので、自分のお気に入りをみつけてみて下さい。

2015-10-17 19:42:00

2015年8月31日『第1回歯科未病研究会』

平成27年8月31日小雨が降る中、東京駅からほど近い八重洲ホールにて『第1回歯科未病研究会』が開催され、当院の佐奈院長がリンガル(裏側)矯正についての講演を行いました。
未病とは、聞き慣れないかもしれませんが「病気を発症していない予備群」を表し、歯科矯正も歯並びが改善することで歯磨きがしやすくなり、結果として虫歯や歯周病の予防につながります。成人矯正を取り扱う事の多いリンガル矯正は、口腔の未病の改善に関連すると思われます。

2015-08-31 19:42:00

2015年7月3~5日WSLO開催

2015年7月3~5日にWSLO(世界舌側矯正歯科学会)が開催されました。
WSLOとは歯の裏側に装置をつけて治療する舌側矯正の世界大会です。2年に1度世界各地で開催され、さまざまな国と地域から矯正専門医が集い新しい装置やメカニクス、技術についての発表や意見交換が行われます。
今回の大会では当院の佐奈院長が学会より招待いただき、基調講演として講演させていただきました。
『Consideration for each step in lingualorthodontic treatment』と題して、裏側矯正治療の各治療ステップにおけるポイントについて講演しました。

2015-07-05 19:42:00

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
ページトップ